スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も喋ってはならぬ鑑賞

徹さんの舞台鑑賞のため東京に出かけました。
行き帰りは新幹線という奮発旅です。
夜行バスはだんだん身体にこたえる様になってきてねっ へへ

久しぶりの舞台なのでとっても楽しみにしてたんだ。
体調が十分じゃないんだろうかとか心配だったけど
元気いっぱいな徹さんの笑顔が見られたので良かったです。
今回は。
加藤健一事務所の「誰も喋ってはならぬ」という演目。
悲惨な状況が次から次へと・・・・な話なのになぜか笑えちゃう~。
でもしっかり泣かせるところは泣かせる。
7人の役者さんのチームワークが光る心温まる作品でしたよ。
カトケンさん最初から最後までずーと喋りっぱなしの1時間55分。
凄いパワフルな人だなぁ~と感心しきり。
徹さんは主人公の階下の住人パヴェル役。
緊迫感漂う場の雰囲気をホワンと暖かく包みこむような存在感。
コミカルな風貌に空気が読めない感もりもりでドンと来いって感じ。
間のとり方が絶妙でサイコーでしたっ。



加藤健一事務所vol.98
「誰も喋ってはならぬ!」
作:フロリアン・ゼレール
訳:中村まり子
演出:堤泰之
劇場:本多劇場
期間:2016/11/23 (水) ~ 2016/12/07 (水)

出演:
加藤健一 島田歌穂 天宮良 加藤忍 中村龍介 
新大久保鷹 ・渡辺徹

公式HPはこちら

☆☆ストーリー☆☆
フランスのとあるアパルトマンの一室。
ある日、長年探し求めていた貴重なレコードを遂に手に入れたミッシェルは、
大興奮のうちに帰宅する。念願のレコードを堪能するという夢にまでみた一時に
胸を弾ませ、早速ステレオのプレイボタンに指を掛けるミッシェルだったが、こんな
時に限って次から次へと邪魔が入る。深刻な面持ちで「話があるの。」と詰め寄る
妻のナタリーを何とかなだめすかし、再び腰を落ち着けようとするが、今度は工事に
来ていた配管工のレオが、水漏れしてしまったと大騒ぎ。
さらに離れて暮らす息子のセバスチャンは、妻に呼ばれて帰って来るなり常軌を
逸した発言を繰り返し、水が漏れてきたとやって来た階下の住人パヴェルは、
空気を読まずに居座る始末。
ついには愛人のエルザまでもが「大事な話がある!」と押しかけて来る。
よりによってどうしてこんな時に?? 僕は今それどころじゃないんだっ!!
やがて親友のピエールが現れ、事態は修羅場へと転じる!?
果してミッシェルに待ち受けていた結末とは・・・??
(加藤健一事務所HPより)


誰も喋ってはならぬ



東京ぶらりおまけ旅。
両国国技館を見てきました。
九州場所が終わってまだ少し。大相撲の余韻に浸るが如く。
売店はお休みしててグッズにはありつけなかった・・・残念。

優勝祈願
▲敷地内の神社。祈ってきたのはもちろん♪♪

ひよ 遠藤
▲遠藤関に抱っこされてみたい 笑
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

只今のお時間♪

今日はどんな日
プロフィール

よっぴぃ

Author:よっぴぃ
名古屋市在住

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


スポンサーリンク
検索フォーム
一日一善
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。