スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「独りぼっちのブルース・レッドフィールド」鑑賞

徹さんの舞台鑑賞のため東京に行ってきました。
今回は往復新幹線の旅。      
名古屋駅から新幹線に乗ったのが朝10時台。
東京駅に12時前に着き、帰りは5時半頃初で名古屋駅に20時前到着。
滞在時間は5時間ちょっとってことね。贅沢感半端ないわ。

いつもなら皇居周辺を歩いたりアクティブに過ごすのだけど何となく意欲がなく、
朝からの雨模様も手伝って東京駅構内でブラブラ、ウィンドウショッピング。
東京キャラクター街でふなっしー好きの友人のために商品を物色、たくさん
お土産に買いました。
午後3時の公演時間までに間に合えばいいやって感じで、他に回らなかったのは
ちょっぴりもったいない時間の過ごし方になってしまったね。

また7月に舞台があるので楽しみです。
5月にチケット発売なので忘れないようにゲットしなくちゃ。



ガンマン徹1

ガンマン徹2

さて、徹さん。
初めてのPMC野郎(ポップンマッシュルームチキン野郎)のお芝居でしたが、
面白かったあ。
若い人中心の劇団員の役者さんの中に徹さんが上手く溶け込んでいて、
はじけてたよ。台本がしっかりしてるせいか、笑わせ処はしっかりがっちりもっていき、
最後には、キチンと悲劇的結末が用意されている大作でした。
涙を出させる作品とは思いもせず不意打ちをもらった感じ。
そっか、今回の徹さんはガンマン役だったな(笑)

やはり徹さんの存在感はすごい。間のとり方や迫力の演技にあらためて感服です。
パワーで押しまくる若い役者さんに劇中笑いをこらえきれずに必死だった徹さんの
姿が可愛らしかったです。

開演30分前から本編とは全く関係ない寸劇が展開されていて魅入ってしまった。
『びーず物語』なるもので、こちらも構成がしっかりされた素敵な作品でした。
CR岡本物語さん、、、ファンになりました。


■あらすじ■
西部で一番銃に嫌われたガンマンの物語。
ブルース・レッドフィールドは復讐に燃えるガンマンだ。
25年前に最愛の家族を殺され、その犯人を探し続けている。
待ち焦がれている瞬間の為に、銃の腕前も磨いた。
操馬術も磨いた。信頼の置けるサボテンの相棒も見つけた。
だが、彼には一つだけ弱点があった。
それは25年前の惨劇で頭を強く打ったせいで、
至近距離で銃声を聞くと、記憶が2
5年前に戻ってしまう記憶障害を患っているということだ。
「必ず見つけ出して、頭を一撃で撃ち抜いてやる。
俺に二発目は無いのだからな」
25年分の日記を抱え、今日もブルースは引き金を引く。
一発一発、自分を失いながら───────。

銃を抜くのが早いだけで誰もがスターになれた不条理な時代の、
明日誰かに話したくなる復讐劇。



【公演情報】
ポップンマッシュルームチキン野郎
独りぼっちのブルース・レッドフィールド
[作・演出・出演]吹原幸太
[出演]渡辺徹(文学座)、加藤慎吾、小岩崎小恵、サイショモンドダスト★
野口オリジナル、増田赤カブト、CR岡本物語、NPO法人
横尾下下、井上ほたてひも、高橋ゆき、吉田翔吾、吹原幸太
(以上ポップンマッシュルームチキン野郎)
美津乃あわ、今井孝祐、沖野晃司(ボクラ団義)、高田淳(X-QUEST)
福地教光(バンタムクラスステージ)、エリザベス・マリー、古舘佑太郎(TheSALOVERS)、
清水ひめ乃石坂純一、高谷雅志、辰己晴彦、芳賀美咲(東京ハイビーム)
ハマサキカズユキ、山本光、阿部りょーや(劇団スカブラボー)、【特別出演】萩野崇

公演日:2015年2月22日(日)-2015年3月1日(日)
会場:シアターサンモール (東京都)



『独りぼっちのブルース・レッドフィールド』

ポップンマッシュルームチキン野郎
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

只今のお時間♪

今日はどんな日
プロフィール

よっぴぃ

Author:よっぴぃ
名古屋市在住

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


スポンサーリンク
検索フォーム
一日一善
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。