スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台鑑賞の旅

渋谷のハチ公
・・・旅って言っても新幹線トンボ帰りなわけですけど(笑)
徹さんの舞台鑑賞で東京に行ってきました

降り立ったのは渋谷 ハチ公様の銅像に出迎えられたワン
本日の舞台公演会場は、Bunkamuraシアターコクーン♪
会場に向かう前に初めての地を散策をしてみたものの・・・
ま~平日なのに昼間っからすごい人・人・人 めまいしそう
若者の街って感じよねぇ 原宿とか秋葉原に紛れるようなことが
あるならば完全に倒れるな、こりゃ
よっぴぃは巣鴨に行ってみたいです

名古屋では全晴予報だったのに、散策中に空からは雨
慌ててコンビニ入って買ったビニール傘
ただ、案の定な通り雨で、使用頻度薄く名古屋に帰るまで邪魔な
一物となりました
お昼ご飯は「FRESHNESS BURGER」のテリヤキバーガー&
カフェオレと洒落てみました 日頃、一人でお店に入れない
よっぴぃとしては冒険的な体験だったのよ

  東京ランチ♪

2人の夫とわたしの事情
「2人の夫とわたしの事情」

舞台は20世紀はじめ、第一次世界大戦後の英国。
戦争で愛する夫を失った主人公(松たか子)。
彼女は夫の親友(渡辺徹)の求愛を受けて再婚した
けれど、ある日戦死したはずの夫(段田安則)が突然
帰ってきて・・・  “重婚”コメディー  のお話

ヒロインは松たか子
彼女の舞台を初めて観ました。
キレイでしかも可愛らしい人ね~。全くもってソツがない
セリフ量も半端ない、ハイテンションの役柄を軽快に
演じていて魅力全開。
徹さんとの絡みではチュッチュする場面も数多く
少しばかり嫉妬してました(笑)



とてもテンポが早く、歯切れ良く楽しかったぁ~
絶えず笑いが起こり気持ちが明るくなる作品でした


シス・カンパニー公演
作        : W.サマセット・モーム
演出・上演台本  : ケラリーノ・サンドロヴィッチ
翻訳       : 徐 賀世子
出演       : 松たか子、段田安則、渡辺 徹、猪岐英人、新橋耐子、
           皆川猿時、水野あや、池谷のぶえ、西尾まり、皆戸麻衣
「二人」の日程表


・・・そう、今日は徹さんの誕生日 

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

只今のお時間♪

今日はどんな日
プロフィール

よっぴぃ

Author:よっぴぃ
名古屋市在住

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


スポンサーリンク
検索フォーム
一日一善
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。